断食で脂肪燃焼効果が上がる
2016年5月25日 admin

徐々に減らしていくのがポイント

断食は固形物をいっさい取らない健康法です。体をリセットするためと言われていますが、最近は美容目的でおこなう人が増えました。胃の中を空っぽにすることで内臓の機能が向上し、その結果脂肪が燃焼されやすくなります。ダイエットをする人に最適です。いきなり長期間おこなうのは危険なので、最初は3日、その後間隔をあけて1日ずつ増やしていくようにします。急激に食べ物を減らすのではなく、徐々に減らしていくのがポイントです。

静かに過ごすのがベストです

断食中、刺激物を取り入れるのはご法度です。期間中は体が敏感になっているので、唐辛子やペッパーなど香辛料を使用すると胃にダメージを与えてしまうこともあります。コーヒーや紅茶などカフェイン入りの飲み物も、刺激が強いので厳禁です。断食中は体力が消耗しやすくなっているので、息を切らすような激しい運動はなるべく避けるようにします。音楽を聞いたり読書しながら静かに過ごすのがベストです。ヨガやストレッチ、ウォーキンなども適しています。

チャレンジし続けること

外食やインスタント食品には体に害を及ぼす添加物が含まれていて、食べ続けることで体内にどんどん毒がたまってきます。断食をおこなうと普段の食事で蓄積された毒素も排出されやすくなるそうです。原因が分からなかった体の不調も改善されていきます。断食の効果は人によってさまざまです。3日で2キロ痩せる人もいれば、何回か繰り返して1キロ痩せる人もいます。個人差があるので、すぐに効果が表れないからといってあきらめてはいけません。チャレンジし続けることが最も大切です。

品川美容外科の提訴について調べる

About The Author